作り置きおかずの上手な冷凍と解凍の仕方

お弁当コラム

作り置きおかずの上手な冷凍と解凍の仕方

毎日のお弁当作りの時短のために、作り置きをされている方も多いと思います。

作り置きおかずは冷蔵と冷凍を組み合わせればお弁当作りがよりスムーズになります。

今回は作り置きおかずの上手な冷凍方法と解凍の仕方をお伝えしたいと思います。

作り置きおかずの冷凍の仕方

 

1鮮度のよいうちに冷凍する

食べきれずに余ったものを冷凍するのではなく、作り立てのおかずを冷凍すれば美味しさを保つことができます。

また、衛生面でも安心です。

2しっかり冷ましてから冷凍する

食材が熱いまま冷凍してしまうと、容器に水滴がつき食材が傷みやすくなります。

また、冷凍庫の温度を上げてしまうことになり他の食材にも影響があります。

3できるだけ空気に触れないようにする

冷凍焼けや冷凍庫の臭いうつりを防ぐため、食材を空気に触れないようにすることが大切です。

4金属製のバットにのせて冷凍する

熱伝導のよい金属製のバットにのせて冷凍すれば、すばやく冷凍でき美味しさをキープすることができます。

作り置きおかずの冷凍のポイント

お弁当おかずは味付けを濃くすることが多いですが、冷凍すると味が中までしっかりしみこむため味が濃く感じることがあります。

冷凍する場合は調味料を控えめにしましょう。

お弁当カップや容器に入れて冷凍する際は、冷凍が可能な素材であるか確認しましょう。
解凍後にそのまま電子レンジが使えるものだと便利です。

お弁当用におかずを作らなくても、普段のおかずを少し多めに作って冷凍しておけばお弁当おかずのストックができて役立ちます。

こまめに冷凍保存する習慣をつければ毎日のお弁当作りがとても楽になります。

作り置きおかずの冷凍保存に便利なアイテム

作り置きおかずの上手な冷凍と解凍の仕方
フリージングトレー

お弁当用のフリージングトレーは小分けになっていてしっかりと蓋ができ、冷凍庫内でも
かさばらない優秀アイテムです。

離乳食用のフリージングトレーも同じように使えます。

作り置きおかずの上手な冷凍と解凍の仕方

シリコンカップ

冷凍保存することができ、そのまま電子レンジ加熱することもできるシリコン製のカップも持っておくと便利なアイテムです。

シリコンカップを使用する時はカップごとにラップをしっかりかけ冷凍できるジッパー付きの保存袋に入れて冷凍します。

作り置きおかずの解凍の仕方

自然解凍できる市販品の冷凍おかずとは違い、家庭で作る作り置きおかずは衛生面の心配があるため、冷蔵庫で自然解凍してから電子レンジで加熱をして詰めたほうが安心です。

加熱後はしっかり冷まして詰めましょう。

まとめ

普段何気なくしている冷凍保存ですが、しっかりポイントを押さえて冷凍すれば美味しさ
をキープでき衛生面でも安心してお弁当作りができます。

作り置きおかずを上手に冷凍してお弁当作りに役立ててくださいね。

使用したお弁当箱

お弁当箱曲げわっぱ[大館工芸社]弁当箱1段小判中650cc仕切り付き秋田杉送料無料日本製弁当箱まげわっぱおしゃれ木製お弁当箱おしゃれ男子一段女子子供運動会杉メンズレディースキッズランチボックス
お弁当箱 曲げわっぱ 大館 工芸社 弁当箱 1段 小判 中 650cc 仕切り付き 秋田杉

コラムの執筆者:料理家 佐々木ちひろ

 

 

 

いつものお弁当ライフを少しでも楽しく出来ますように♪

どうぞ皆様お試しあれ。

漆器かりん本舗縁日
かりん本舗のオススメ新商品はこちら


簡単お弁当おかずレシピはこちら

電子レンジ対応 お弁当箱 木製 日本製 国産 讃岐弁 桶弁当 レンチン弁当 よしの 一段 約600cc ランチボックス 1段 かわいい 男性 女性 子供 こども 小学生 幼稚園 中学生 高校生 男子 女子 運動会 行楽 ピクニック おひつ 櫃 吉野杉
レンチンできる桶弁当はこちら

レンジ対応曲げわっぱお弁当箱 小判 650cc 間仕切り付き
レンジ対応 曲げわっぱ弁当箱はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました