レンジ対応曲げわっぱ弁当箱とパナソニック冷蔵庫のキャンペーンコラボ

○○ならコレ!人気ランキング

曲げわっぱ弁当箱といえば、木製であるがゆえに電子レンジが使えない!
これがデメリットでした。
そんなお悩みの方に朗報!
かりん本舗オリジナルの「電子レンジOK曲げわっぱ弁当箱」がいよいよ再販予定です!

 

レンジ対応曲げわっぱ弁当箱とパナソニック冷蔵庫のキャンペーンコラボ

レンジ対応 曲げわっぱ弁当箱はこちら

曲げわっぱ弁当箱のメリット

レンジ対応曲げわっぱお弁当箱 丸型 600cc 間仕切り付き憧れのお弁当箱と言われることが多くなってきました。
木製が呼吸しているので、ご飯の水分調整をうまく保ちます。

  • 夏はご飯が傷みにくい
  • 冬はご飯が固くなりにくい

そんな魔法のようなお弁当箱です。

昔ながらの製法で、今現在まで引き継がれている理由です。

 

曲げわっぱ弁当箱最大のデメリット

選べるデザイン曲げわっぱ4点セット

わっぱのお弁当箱はお手入れが難しそう・・

カビが生えたらどうしよう・・・

なんてご心配もよくお問い合わせ頂きます。

 

が!!

やはり最大のデメリットは

「電子レンジが使えない!」

まずはこれが最大のデメリットではないでしょうか。

電子レンジを使いたい方はまず、曲げわっぱ弁当箱は選択肢に入らない事もあるかと思います。

学生さんなら教室にレンジがないので、問題ないかもしれませんが、

職場などでレンジがあるのに、レンジが出来ないって

「ちょっとな~」と考えちゃいますよね。

 

店長すみこ
店長すみこ

でも!!!!

せっかくの曲げわっぱ弁当箱をお試しできないなんて

もったいないです!

 

と奮い立ちました!

 

電子レンジ対応の曲げわっぱ弁当箱登場

レンジ対応曲げわっぱお弁当箱 スリム小判 550cc 間仕切り付き

曲げわっぱ弁当箱作りの職人さんと、かりん本舗の熱い想いをのせて

電子レンジ対応弁当箱を発売!

 

曲げわっぱ弁当箱の素材の木材を

檜(ヒノキ)と、さわらを使い制作することによって、レンジ対応を実現しました。

 

なぜひのき、さわらはレンジ対応できるの?

さわらの木は水分量がとても多く、乾燥しにくい特性があります。
そして、曲げわっぱ弁当箱でレンジにかけるとひび割れの原因になる
漆を塗らず無塗装のお弁当箱として仕上げました。

曲げ加工の部分に「檜ヒノキ」を使用。
フタ、底面の部分に「さわら」を使用してます。
水分量の多いサラワを使用しているため、乾燥に強い曲げわっぱ弁当箱となっている為、電子レンジが使用できます!

曲げわっぱの留め具の工夫

昔ながらの曲げわっぱは、留め具部分に、ご飯粒でのり付けしたものを桜皮で繋いていたそう。
そういった技法より、今日の曲げわっぱ弁当箱が完成しました。

ですが、留め具部分に切れ目を入れて皮でつなぐことにより
曲げわっぱ自体の強度が落ちてしまう可能性もあるため、改良を重ねました。

このレンジ弁当箱には安全性の高いアメリカの食品衛生法をクリアした接着剤を使用。

今までよりも強度を向上させた上、留め具部分を縫わないことでカビ発生の可能性低下・強度をさらに向上UPを図りました。

 

 

レンジ対応曲げわっぱ弁当箱 再販予定

レンジ対応曲げわっぱお弁当箱 小判 650cc 間仕切り付き

商品はこちら

お客様より毎日のように再販リクエストをいただいておりました。

本当にお問い合わせいただいた方、大変お待たせ致しました!!

2020年3月中旬以降に再販についての詳細をご案内予定です。

(発売日未定ですが、3月中旬の詳細をお待ちください)

 

パナソニックさんの冷蔵庫のキャンペーン

Panasonicさんがリリースする「お弁当箱づくり応援キャンペーン」にて

取り上げていただく事が出来ました!


お弁当作りのお悩みキャンペーンに参加された方へ抽選で5名様に

レンジ対応曲げわっぱ弁当箱をプレゼントのチャンスです!

ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

(抽選はキャンペーン事務所選考となります)

 

店長すみこ
店長すみこ

はやうま冷却。

気になる冷蔵庫ですね♪

お弁当作りに奮闘するママには嬉しい機能。

 

レンジ弁当箱の再販のご案内ができる事を嬉しく思います。

数量限定の再販となりますので、商品ページをチェックしてみてくださいね。

レンジ対応曲げわっぱお弁当箱 小判 650cc 間仕切り付きレンジ対応の曲げわっぱ弁当箱はこちら

 

 

いつものお弁当ライフを少しでも楽しく出来ますように♪

どうぞ皆様お試しあれ。

漆器かりん本舗縁日
かりん本舗のオススメ新商品はこちら


簡単お弁当おかずレシピはこちら

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました