お弁当を華やかに!椿おにぎりの作り方

椿おにぎりの作り方 お弁当おかずレシピ

お弁当を華やかに!椿おにぎりの作り方

 

 

お弁当で人気の手まりおにぎり。季節によって様々なデザインを考えるのも楽しいですよね。

11月のお花といえば椿があります。

ちょうどかぶが旬を迎える季節でもあるので、今回はこれからの時期におすすめな椿おにぎりの作り方をご紹介したいと思います。

 

かぶの甘酢漬けレシピ

 

椿おにぎりに使う、真っ赤なかぶの甘酢漬けレシピです。

今回は赤かぶを使用しましたが、手に入らないときや紅白の椿にしたいときには白いかぶを使ってください。

 

かぶの甘酢漬け(作りやすい分量)

 

材料

赤かぶ 2~3個(約300g)

塩 小さじ1と1/2

A酢 1/2カップ

Aきび砂糖 大さじ2

A昆布 8cm

 

 

下準備

・かぶは皮つきのまま1~2mmの薄切りにする。

・昆布は汚れをふき取り1cm幅に切る。

 

作り方

 

椿おにぎりの作り方

1 かぶに塩をふり5分ほどおく。水分が出たら絞る。

 

椿おにぎりの作り方

2 保存袋にAを入れ混ぜ、かぶを入れて冷蔵庫で保存する。

 

※冷蔵庫に入れしばらく置いたら、様子を見て何度か上下を返すようにするとまんべんなく赤色に染まります。

 

椿おにぎりレシピ

 

椿おにぎり(2人分)

 

材料

かぶの甘酢漬け 適量

ごはん 300g

ゆず 1個

 

下準備

・ゆずは皮をむき、適量を千切りにする。(飾り用)

 

作り方

 

椿おにぎりの作り方

1 ごはんを丸くにぎる。(1つ50g)

椿おにぎりの作り方 椿おにぎりの作り方

2 ラップにかぶの甘酢漬けをのせ、中心に1をのせて茶巾絞りのように包む。

3 しばらくおいてなじませたら、ラップを外し上にゆずの皮をのせる。

 

※かぶの大きさによって使用する枚数が異なります。
おにぎりの底の部分までかぶが届かなくても大丈夫です。
かぶが小さい場合はごはんの量を減らすなどして調整してください。
ゆずの皮は香りがよくおすすめですが、ない場合は黄色いたくあんや錦糸卵などで代用できます。

 

 

おわりに

 

今回は椿おにぎりの作り方をご紹介しました。
赤いかぶの鮮やかな色はお弁当をとても華やかにしてくれます。
見た目も可愛らしく作るのも楽しいと思いますので、ぜひお試しくださいね。

 

使用したお弁当箱

お弁当箱 曲げわっぱ [大館工芸社] 1段小判
大館工芸社 小判弁当

 

コラムの執筆者:料理家 佐々木ちひろ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました